髪が復活できる体力が残っている状態で始めた方が効果が出やすい



これまでの人生の中で髪の毛のトラブルを感じたことは一度もありませんでした。


量が多いのでボリュームが出過ぎてしまうことはありましたが、これは髪の毛が薄い状態に比べればトラブルとは言えません。


自分は髪の毛のトラブルに悩まない人生を歩めるという確信を持っていました。ところが、浴室の掃除をしている時、排水溝に溜まっている抜け毛の本数が多くなっているように感じました。


これまでは少なかったので特に何も思いませんでしたが、明らかに多くなっていたので気になりました。


しかし、これまで髪の毛のトラブルを未経験とは言っても、シャンプーが合っていなかったり、体調が良くなかったりなどによって抜け毛が増える状況は考えられます。


そのため、気にしないように心掛けていましたが、抜け毛の増加は浴室の排水溝だけではなく、自宅のカーペットや枕などでも感じられるようになっていました。


また、食事をしている時、茶碗の中に自分の抜け毛が落ちているのを見た時、薄毛への不安や心配が頭を過りました。その後も抜け毛は止まることなく増加を続け、髪の毛のセットに困るようになっていた際、久し振りに会った兄弟から髪の毛の薄さを指摘されました。


これまで一度も薄いことを指摘されていなかったので、まだ深刻な状況ではないと思っていたのですが、指摘を受けたことによって自分の薄毛は着実に進行していることを理解できました。


また、兄弟だけではなく、友達からも冗談で薄毛を指摘されてしまい、かなりのピンチを迎えているとわかったので急いで育毛対策を始めました。


ただ、育毛対策を実施した経験はないため、何をどうすることが正しいのか判断できません。それでも、始めない限り薄毛の未来しか見えなかったので、まずは健康的な生活を意識し、育毛剤も始めてみました。


たとえば、睡眠時間と薄毛は関係性が強いという情報を得たので、手始めに早寝早起きを実施しました。


また、自分の頭皮が硬いことは以前から感じていたことなので、入浴中のシャンプーをしている時やお風呂上りに育毛剤を塗った状態で入念に頭皮マッサージを行いました。


さらに、髪の毛の成長に必要な成分が多数含まれている育毛サプリも使用しまして、スローペースですが抜け毛が減っている状況です。


やはり、育毛はまだ髪が復活できる体力が残っている状態で始めた方が効果が出やすいのかもしれません。



「ちょっと生え際ヤバくない?」それが育毛を始めるきっかけにトップへ